ブログ

死番予防の本質

おはようございます!

冴羽です。

今日はナンパをしていると必ず起こる死番について書いてみたいと思います。

死番というのは、ナンパして「今度飲みに行こうよ」といってLINEなどの連絡先を交換したにも関わらず、既読にならなかったり、既読スルーされたり、ブロックされて連絡がとれない状況のことを言います。

ガンシカされながら何人もナンパしてやっとこさゲットしたLINEが死番だとテンション下がりますよね。

ナンパに取り組んでいる方々のツイートをみていると死番に対して悩んでいる方が非常に多いですし、私自身も悩んだ時期がありました。

まず、この死番問題を考える上で「なぜ死番が起こるのか?」について明確にしておく必要があります。

事が起こるには必ず理由、原因があります。

私なりに思うところを挙げてみます。

①ナンパされた時は「また会ってもいいかな」と思ったが後で気が変わった。

②もともと後日会う気はなかったがナンパを早く終わらせたかったためにLINEを教えた。

③友達にナンパされたことを話したら「そんな男やめておいた方がいい」と止められて気が変わってしまった。

私なりにはこの3つが代表的な理由かなと思います。

1つ1つ見ていくと、それぞれに対応策は考えつきます。

① ナンパされた時は「また会ってもいいかな」と思ったが後で気が変わった。

この理由に対しては、LINE交換する場で後日の約束を取り付けてしまうという手があります。

実際に私もLINE交換時に次に会う約束を取り付けることで、死番を防ぐと同時にアポを実現したことが何度もあります。

女性側の予定の見通しが立たず約束できない場合も「この日ならたぶん大丈夫」という日時で仮約束するのもアリです。

「仮でも約束をした」という事実があると、女性側も「約束しちゃったしなぁ」とアポが実現しやすくなります。

②もともと後日会う気はなかったがナンパを早く終わらせたかったためにLINEを教えた。

この理由に対してはまずナンパをする私達がいざLINE交換をするときに「このLINE交換はどんなLINE交換か」を考える必要があります。

女性が後日会いたくて交換しているのか、ナンパを終わらせたくて交換しているのか。

前者であればそのまま交換しても死番ならない可能性が高い。

反対に後者であればLINE交換してバイバイして「ハイ、死番」という分かりやすい結果が待っています。

なので後者の場合はそのままLINE交換しちゃダメなんですよね。

更に会話を続けたり連れ出しを打診したりすることで女性の気持ちを変化させていく必要があるわけです。

女性側の反応、表情をよく観察して死番を予防していく必要があります。

③女友達にナンパされたことを話したら「そんな男やめておいた方がいい」と言われて気が変わってしまった。

私の予想ですが、この理由も結構あると思っています。

これはナンパして行ったLINE交換の死番はもちろんのこと、一度アポで会ったにも関わらず発生する死番もこの理由があると思います。

ナンパした女性ではなく、その先にいる女友達の意見により起こる死番というのはなかなか予防が難しいと思います。

女友達って仲良くワイワイする関係もありますが、その中に明らかな上下関係があります。

「〇〇ちゃんの言うことは絶対聞かなきゃいけない」みたいな感じですね。

ナンパした時点では、この女性にそのような友達がいるかどうかも分かりませんし、いたとしてどうすることもできないんですよね。

「ナンパされたって友達に言っちゃダメだよ」なんて言おうものなら、確実に言うはずです。

女とはそういう生き物です。

この理由に対する私が考える対策はただ1つ。

男が特別な存在になる

ということです。

この一言に尽きます。

ナンパをした我々が女性にとって特別な男となれば、女性は必ず「また会いたい」と強く思うんですね。

なんなら女友達に会うことを反対されないようにナンパされたことは隠したり、話して反対されたとしても「会わないよ」と伝えて後日男と会うという行動に出ます。

私の実体験でもありました。

名古屋でナンパをした女性が四国地方の在住でした。たまたま仕事で名古屋にきていたんですね。

この時、私も仕事の途中だったため「たまに名古屋にくるの?」と聞いたところ、数か月に1度はくるということだったので、また時間合ったらお茶でもしようとLINE交換をしました。

その翌日から軽くLINEをする仲になり、やりとりのフィーリングが良く、通話をすることになりました。

この際に女性から「友達にあなたのことを話したらナンパしてきた男なんかと絶対会っちゃダメだよ。もう連絡とるのやめなと言われた」という話を聞かされました。

この時の女性はこの話を私にしてくれましたが、そもそもこういった事実を男に伝えることの方が稀でしょう。

私はこの時、友達の忠告に対して否定も肯定もしませんでした。そうなんだって感じで流しました。

この時私が考えていたことはただ1つ。

とにかく俺の魅力を伝えるんだ

ということです。

俺の魅力が伝わりさえすれば、友達の忠告なんて無視するはずだと考えました。

魅力を伝えるというと「金があるアピール」とか「俺はスゴイ男だアピール」に走りがちなんですが、そういうことではないと考えています。

反対に金や地位で女からの反応を得るとなれば、当然会う目的もそこになってしまう訳です。

実際にたくさんお金を持っていたり地位ある立場にあって、そこを魅力として会いたいならそれでいいのですが私は普通の人間です。

当時もらっていた給料はちょうど日本の平均年収くらいでしたし平社員でした。なので金や地位があるようにみせて後で困るのは私の方です。

じゃあどうすればいいのか?

とにかく堂々と振る舞いました。

なんの仕事しているの?と聞かれれば事実を答えましたし、当時は古びた実家の一戸建てに住んでましたので、その事実もそのまま伝えました。

反対に「どう思う?」と意見を求められれば、自分が思うままに本音を伝えました。

結果、数週間後にこの女性は仕事の予定もないのに四国から名古屋まで6時間、自分で車を運転して私に会いにきました。

名古屋で再会したのがちょうどランチの時間だったのでラーメン屋に入りました。

2人でラーメンを食べながら、

私「今日こっち泊まるの?」

女「うん。ホテルとって。一緒に泊まるでしょ?」

でお泊りが決定しました。

ちなみにこの女性は自分でネイルサロンを経営する経営者で、元ナンバー1クラブ嬢。

地方のクラブでナンバー1になり、大阪の有名クラブからスカウトされたような女性でした。

こんな女性ですから当然パパもいるわけです。

ナンパした時も再会した時も全身ブランド物で身を包んでいました。

ホテルで一晩過ごした翌朝のチェックアウト前に

「ブランド物なんてどれだけ持っても心は満たされない。アナタと一緒にいてよく眠れた。ありがとう。」と言われて魅力とは何かに気付かされました。

人間には「感じる」能力があります。

この人なんか余裕ある

この人なんか堂々としてる

この人なんかイキイキしてる

この人嘘をつかなさそう

この人真っすぐな男っぽい

女性がこちらのことをこのように思えば、こちらがどうこうしなくとも、女性は「この人に会うにはどうすればいいか」と自然に考えるようになります。

これが魅力の本質であり、今日のテーマである死番予防の本質かなと思います。

今日は上手くいった事実例を挙げましたが、当然こんなことばかりじゃありません。

今でも死番していますし、それに思い悩むこともあります。

ただ、私は1つ決めていることがあります。

テクニックに走らない

ということ。

上手くいかない理由を「自分はテクニックを知らないからだ」と考えるのではなく、「自分の魅力が不足しているからだ」と必ず考えるようにしています。

そして上手くいかない時は「どうすれば自分の魅力を高められるか」と考えています。

徒然と書いてしまいました、今日はここまでにします。

共に頑張っていきましょう!

ブログの感想などTwitterのDMか、以下メールアドレスまでお気軽にお送りください!

ryosaeba777world@gmail.com

それでは!

冴羽リョウ【地蔵脱出のプロ】公式LINE

友だち追加

冴羽リョウ公式LINEでは「地蔵脱出に役立つ情報」「ナンパ初心者に役立つ情報」「モテに繋がる情報全般」をお届けしております。

ブログやTwitterとは違う切り口で発信しておりますので、ぜひご登録ください!

コンテンツの一部
◆地蔵脱出のコツ
◆ナンパを習慣化するコツ
◆ナンパから人生をおもしろくしていくコツ
◆地蔵脱出した後も成長していくコツ
◆大人の女とナンパで知り合うコツ
◆お金をかけないメンズスキンケアのコツ
◆大人の男のファッション術